二次感染者と遺族

妊婦さんB型肝炎ウイルスに感染するのは予防接種だけではありませんし、母親から子どもに感染するということもあります。これを二次感染と呼びますが、こうした二次感染者も給付金支給の対象となっています。この場合だと母親がまず一次感染者として認定されている必要がありますから覚えておきましょう。二次感染者というケースだと、自分だけでなくほかの家族もB型肝炎ウイルスに感染してしまっていた、というケースが非常に多いですからこれも覚えておくべきです。二次感染者も一次感染者と同じくそれを証明するための要件を満たしておく必要があります。

B型肝炎によってすでに亡くなられているという方もたくさんいます。国が集団予防接種を行っていたのはもうかなり昔のことですし、中にはすでにこの世を去られている方もいるのです。では、すでに亡くなった方に対しては給付金は支払われないのかということですが、この場合だと亡くなった方の代わりに遺族が給付金を受け取ることができます。給付金を支給してもらうためには手続きも必要となりますが、当事者が亡くなっているからといって諦める必要はありません。実際、遺族の方でも給付金を支給してもらったケースはたくさんあります。