二次感染者と遺族

妊婦さんB型肝炎ウイルスに感染するのは予防接種だけではありませんし、母親から子どもに感染するということもあります。これを二次感染と呼びますが、こうした二次感染者も給付金支給の対象となっています。この場合だと母親がまず一次感染者として認定されている必要がありますから覚えておきましょう。二次感染者というケースだと、自分だけでなくほかの家族もB型肝炎ウイルスに感染してしまっていた、というケースが非常に多いですからこれも覚えておくべきです。二次感染者も一次感染者と同じくそれを証明するための要件を満たしておく必要があります。

B型肝炎によってすでに亡くなられているという方もたくさんいます。国が集団予防接種を行っていたのはもうかなり昔のことですし、中にはすでにこの世を去られている方もいるのです。では、すでに亡くなった方に対しては給付金は支払われないのかということですが、この場合だと亡くなった方の代わりに遺族が給付金を受け取ることができます。給付金を支給してもらうためには手続きも必要となりますが、当事者が亡くなっているからといって諦める必要はありません。実際、遺族の方でも給付金を支給してもらったケースはたくさんあります。

一次感染者

予防接種B型肝炎の一次感染者とは、昭和23年から63年1月までに集団予防接種を受け、B型肝炎ウイルスに持続感染している人のことを指します。B型肝炎はウイルスに感染していても症状を発症しないこともありますが、このような無症候性キャリアについても給付金支給の対象となっていますから覚えておきましょう。このB型肝炎ウイルスの一次感染者は完全に受給資格を満たしていますから、給付金を受け取ることが可能です。先ほどお伝えした対象期間というのは国が注射器を使いまわししながら予防接種を行っていた時期です。

次に、一次感染者であることをきちんと証明する必要があります。B型肝炎ウイルスに感染するのは何も注射器を使い回した予防接種だけではありませんし、ほかにもさまざまな要因で感染する可能性があります。国が給付金を払うのはあくまで国の過失によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった方だけですし、それを見極める必要があるのです。そのため、集団予防接種によって感染した方は一定の要件を満たして認定を受けなくてはなりません。持続感染していること、満7歳になるまでに集団予防接種を受けた、母子感染ではないといったことが要件となっています。

予防接種による感染

注射器肝炎ウイルスに感染することによって発症する肝炎ですが、その中でもB型肝炎ウイルスに感染することで発症するのがB型肝炎です。テレビのニュースやインターネットなどでB型肝炎訴訟、給付金といったワードを耳にしたことがある方も多いでしょうが、どうしてB型肝炎だけこうした話が持ち上がっているのでしょうか。実は、かつて日本では国主導による集団予防接種が実施されていた時期があり、その時期には医師が注射針を使いまわししていました。今では考えられないことですが、当時は当たり前のように注射器を使い回ししていたのです。

B型肝炎ウイルスは血液や体液を媒介して感染しますから、当然注射器を使い回すことによってB型肝炎ウイルスに感染してしまう人が増えます。現在では国もかつての過ちを認めていますし、集団予防接種を受けてB型肝炎に感染してしまった方に給付金を支給しているのです。これがB型肝炎の話題に訴訟や給付金といったワードがよく登場する理由です。国が実施していた集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった方なら給付金を受け取る権利がありますから、心当たりがある方は今からでも調べてみると良いかもしれません。次からは具体的な受給資格についてお話します。

B型肝炎の基礎知識

B型肝炎という病気をご存知の方は多いと思いますが、具体的にどのような病気なのかと問われると説明できる方は少ないのではないでしょうか。B型肝炎はウイルス性肝炎の一つで、B型肝炎ウイルスに感染することによって発症します。そもそも肝炎とは肝臓の細胞に炎症が発生し、それによって肝細胞が破壊されてしまうという病態です。B型肝炎以外にもいろいろなウイルス性肝炎がありますし、症状などもそれぞれ異なります。

診察肝炎のウイルスに感染してしまうとさまざまな症状が発生しますし、どんどん重い病状に進行することも珍しくありません。そのため、肝炎ウイルスに感染したら少しでも早めに病院で診察を受け適切な治療を受ける必要があります。医療機関で適切な治療を受けることによって肝硬変や肝がんといった病状への進行を回避することも可能になるでしょう。なお、B型肝炎は主に血液や体液を媒介して感染することが多く、母子間による感染も多くみられました。

B型肝炎の話をする上で避けては通れないのがB型肝炎訴訟や給付金です。B型肝炎の話をするときによく耳にする訴訟や給付金ですが、これはいったいどういうことなのでしょうか。実は、B型肝炎に感染した原因によっては国から支給される給付金を受け取ることができるのです。ここでは、B型肝炎の基礎知識や給付金の受給資格などについてお伝えしたいと思います。B型肝炎についてもっと詳しく知りたい方、受給資格を知りたい方もぜひ参考にしてください。